イベント

第22回 YOSAKOIソーラン日本海 本祭

こんにちは、COOです。

秋も深まり、めっきり寒くなりました。
今年は冬の到来が早くなるかもしれませんね。
布団から出るのがおっくうな日々を過ごしています。

さて、本日ご紹介するのは、10月24日(日)に開催された、『第22回 YOSAKOIソーラン日本海 本祭』の様子です。

2020年はコロナ禍で開催中止となり、今年は特設ステージ設置なしなどの規模縮小とはなってしましたが、何とか開催となりました。

『YOSAKOIソーラン日本海』

YOSAKOIソーラン日本海 本祭

2000年より開催

2019年に20周年を迎えた。

例年、3日間の日程で行われる。
金曜日:前夜祭
土曜日:昼から夜にかけて、各会場でステージ演舞
日曜日:審査パレード演舞や、メインステージ演舞

当日の様子

準備の様子
最高のお天気になりました!
出番を待つ演舞者たち
うちなだ愉快な仲間たち(内灘町)
泉華菖蒲美人(加賀市)
白山蘭美姫(白山市)
たくさんのカメラマンとギャラリー
渚一世風美(白山市)
金石かもめ(金沢市)
KITA舞人(宝達志水町)
The 日本海&北國新聞

表彰式の様子

見事優勝を果たした、『金沢大学 “彩 ~IRODORI~ ”』の皆さんの映像です。

結果

大賞:金沢大学 "彩-IRODORI-"
準大賞:KITA舞人
準大賞:渚一世風美
4位:粟津おすえべ花吹雪
5位:泉華菖舞美人
6位:うちなだ愉快な仲間たち
7位:白山蘭美姫
8位:金石かもめ

ジュニア大会
大賞:KITA舞人ジュニア
準大賞:かもめキッズ
準大賞:うちなだ愉快なジュニアたち
4位:渚一世風美ジュニア
5位:チームエイブル

『金沢大学 “彩 ~IRODORI~ ”』の皆さん、おめでとうございます。
若々しさと力強さを兼ね備えた演舞に魅了されました。

演舞ステージとの距離はありましたが、マスクやシールド越しでも皆さん、演舞できる喜びにあふれた姿に感動を覚えました。
来年も無事に開催されることをお祈りしています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
COO

COO

宝まちねっと編集長兼ライターのCOO(コー)です。 宝達志水町の宝物を見つけに飛び回っています。

-イベント